その食品!実は高糖質!

ダイエット中、「これはヘルシーだろう」と
選びがちな食品も、実は糖質が高く
太りやすい(脂肪が付きやすい)食品ということも。

代表的な「落とし穴食品」をチェックしましょう。

これは避けたい!選びがちな太る食品ベスト5!

1.はるさめ


コンビニでもよく目にする春雨。「春雨スープ」はカロリーも低く
ヘルシーと思われがちですが、春雨はデンプンからできている高糖質食材!!
食べると血糖値もグングンあがり、脂肪が付きやすくなりますので注意が必要です!

2.グラノーラ


ビタミンや食物繊維、ミネラルもとれてヘルシーで
健康的と思われがちなグラノーラですが、市販のものは大量の砂糖が使われています。
当然のことながら砂糖は高糖質!(と言うより糖そのもの)
牛乳を入れると乳脂肪+糖でダイエット中には絶対NGとなります!

3.根菜(人参やごぼう)類


「野菜は太らない!」と決めつけるのは危険!
根菜類は糖質がたっぷりで、ダイエット中は避けたい食材です。
野菜はレタスやキャベツ、ブロッコリーなど緑色の野菜を選ぶようにすると太りません。

4.お蕎麦


太らないイメージの強いお蕎麦ですが
市販のものは主原料が小麦粉で、そば粉が少ないものばかりです。
小麦粉は高糖質食材なので、商品名は「そば」となっていても原材料表示のチェックを忘れずに!

5.キムチ


市販のキムチは100gあたり約15gの糖質があります。
1食で50g程度とすると、糖質量は約8g程度となります。
なかなかの高糖質食品なので糖質制限中は注意が必要です。

日常に潜む糖質を上手くコントロールできるとダイエットもしっかりと効果が出ますので、この5つには特に注意をしてみましょう。