横に広がったお尻に中殿筋トレーニング

自分の後ろ姿を鏡で見たときに、バーンと横に広がったお尻を見てびっくりしたことはありませんか?
普段は気づかないバックスタイルですが、意外とヒップラインは他人からはよく見られているものです。

お尻のサイドが横に広がるとその分大きなお尻になってしまいます。

この部位を鍛えることによって、きゅっと引き締まった美尻を手に入れることができます!
気になるという人はぜひチェックしてみてください。

幅広ヒップは中殿筋を引き締めよ!

やり方

  1. 横向きに一直線に寝る。
  2. 片脚をゆっくりと上げる。
  3. 上半身と下肢が一直線上になるように伸ばし、中殿筋を働かせる。
  4. また元の位置に戻して、同じように繰り返し上げ下げする。

 

この流れを左右各20回×3セット行いましょう。

ポイントと効果

片足を上げる時は、体幹を安定させて股関節だけを動かすようにし上半身は動かさないようにしましょう。

そして、足が体より前に出ないように上半身と一直線になるように意識しましょう。

お尻のサイドにある中殿筋という筋肉が発達していないと、お尻をきゅっと持ち上げておくことができずだらしない垂れたヒップをつくりあげてしまいます。

また中殿筋にたっぷりと脂肪がついてしまうと、ヒップが横に広がった幅広デカ尻になってしまうでしょう。

それを大きな筋肉である中殿筋を鍛えることによって、小尻へとより高い効果を実感することができるかと思います!

お尻のサイドを引き締めてスッキリとした形の良い美尻にを手に入れましょう!