わき腹やせにはバイシクルクランチ

腹筋を鍛える定番と言えば、クランチですが!
お腹の前側部分しか鍛える事ができないかと思います。

でも、プラスでバリエーションを増やすとわき腹にあたる腹斜筋も一緒に鍛える事ができます!

そのひとつとして、お腹痩せとくびれ作り、ポッコリとした下腹にも効果的なバイシクルクランチは、男性のみならず女性にはとてもオススメなトレーニングにです。

バイシクルクランチとは?

やり方

1.床に仰向けに寝て、足を90度に持ち上げます。

2.腹筋を使って肩と頭を持ち上げ、手は頭の後ろに軽くそえます。

3.右足は真っ直ぐ伸ばしながら左膝を胸の方向にもっていき、対角線となる右肘をわき腹をひねりながら近づけます。

4.その次は逆の右膝と左肘を近づけるようにします。

このように左右交互に繰り返し、自転車をこぐようなイメージで行います。

左右で1回としたら、10回×3セット行いましょう。

バイシクルクランチのポイントは?

対角となる肘と膝を近づける時は、しっかりとわき腹からひねる事です!
足と腕だけを近づけるだけでは効果は半減してしまいます。

そして、伸ばしている方の足も床に着けずに少し浮かせておくことで、腹筋の緊張を維持するようにしましょう。

バイシクルクランチの効果は?

バイシクルクランチはわき腹を集中的に鍛えるトレーニングで、しっかりとひねって伸縮と伸展をさせると効果は出やすいです!

伸ばした足を床に着けないでいる事で、お腹の前面部分にも効果は出やすいうえ、総合的にお腹痩せ、くびれ作りには効果が期待できます!

特に日常生活を普通に過ごしているとひねる動きは少ないので、意識してトレーニングする事が大切になってきます。

腹筋を緊張させて維持するように頑張ってみましょう。